日本毛髪工業協同組合
 
 
 
毛髪業界とは
ガイドライン講座
J・Hair News
協会加盟会社紹介
協会について
協会について - 組織概要
協会について - 理事及び運営委員
協会について - 社員各社
協会について - 賛助会員各社
入会のご案内
相談窓口
社会貢献活動
日本毛髪工業協同組合
医療用ウィッグ『安心安全』マーク MedMigについて
医療用ウィッグ『安心安全』マーク MedMigの導入を考えている企業様
  
   

    


い本毛髪業協会 代表理事 中山雅史「日本毛髪工業協同組合」は毛髪業界において、唯一、経済産業省から認可を得た、かつらの製造、卸、販売や育毛サービスなどを提供する事業者が加盟する国内最大の団体です。平成25年に当協同組合の前身である「日本かつら工業協同組合」と「一般社団法人 日本毛髪業協会」を統合し、4年が経過しました。そして、この度、平成29年5月11日に開催された47期通常総会において、理事長を拝命いたしました。各組合員の皆さまのご協力・ご支援の下、更なる毛髪業界の発展と消費者からの信頼向上を目指し、より一層尽力いたす所存でございます。何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 さて、最近では消費者との契約や個人情報に関連する法規制が改定され、また、企業のコンプライアンス遵守が求められております。ただ、法令を遵守するだけでなく、消費者の期待する商品・サービスを適正に提供し、企業としての社会的責任や使命を果たすことが、企業、そして毛髪業界の永続的な成長に繋がるものになると考えます。
 
当協同組合は、消費者の保護と契約の透明性を確保するため、毛髪に関する役務や商品提供の基準を定めた「毛髪業界の取引に関するガイドライン」や、事業者の取扱う個人情報の適切な保護と利用に関する指針を定めた「個人情報の保護・利用に関するガイドライン」を制定しております。各ガイドラインの適宜見直しを図るとともに、遵守状況を調査するなど、組合員の皆さまに遵守の協力を求めてまいります。また、ガイドライン未整備の組合員の皆さまには、ガイドラインの採用推進を積極的に行ない、適正な営業を行なう事業者の拡大へ向けた活動を継続して行なってまいります。
 
 また、平成27年4月には、「医療用ウィッグ」に関する日本工業規格(JIS規格)が制定され、患者さまや医療関係者などに対して、医療用ウィッグの品質及び安全性の確保が図られました。この制定を受けて、当協同組合は、医療用ウィッグのJIS基準に適合する安心・安全な医療用ウィッグの提供を目的としたM・Wigマークを制定しており、普及に取り組んでおります。今後は、患者さまの経済的負担の軽減に向けて、医療用ウィッグ購入費用に対する保険適用や医療費控除の対象となるように、患者の会や皮膚科学会を始めとする各学会、行政等に対して働きかけを行なってまいります。

 日本毛髪工業協同組合は、消費者の期待に応え続けるため、多くの優良企業の組合員の皆さまとともに、未来ある健全な業界の創造を目指してまいります。今後も関係各位のご理解、ご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。



Copyright©  NMK.GR.JP  All rights reserved.