日本毛髪工業協同組合
 
 
 
毛髪業界とは
ガイドライン講座
J・Hair News
協会加盟会社紹介
協会について
協会について - 組織概要
協会について - 理事及び運営委員
協会について - 社員各社
協会について - 賛助会員各社
入会のご案内
相談窓口
社会貢献活動
日本毛髪工業協同組合
医療用ウィッグ『安心安全』マーク MedMigについて
医療用ウィッグ『安心安全』マーク MedMigの導入を考えている企業様
  
   

    


                               J・Hair News VOL.4  / 各社からのメッセージ

                                株式会社東京義髪整形
                                取締役 中山 雅史
 弊社は今年で創業76年を迎えました。
 かつら造りの原点での「いかに自然に他人の目に映るか」というテーマは、今も昔も変わりはありません。
 そのため、現場の社員一人一人がメーカーとして、製品つくりの意識を持ち、常に良い製品を作る努力をしています。

 弊社のかつら造りの歴史の中で、多くの方々に生きる喜びや、幸せをお分け出来ることは、企業として、かつら造りとして冥利に尽きるものです。
 常にお客様の立場に立って物を考えることは弊社の社是であり、お客様と力を貸して下さる協力会社(仕入)に対しては常に感謝の気持ちを忘れることができません。過去から現在へとニーズは変化して来ましたが、美を求めるという点では変りありません。科学の進歩によってネットから人工の皮膚に植毛が進んできましたが、一方、50年前の絹の布(羽二重)に植毛して肌に優しい「かつら造り」もいまだにお客様に求められています。かつら造りは誠に奥の深い仕事で常に研究、研鑽の毎日です。

 今後かつら造りの中に加えておきたいのは、美的なセンスです。美のセンスは老若男女を問わず求められるものですが、大事なことはファッションのアイテムの一つに仲間入りをしなくては、多くの方々に認知されません。ファッションとしてのかつらも、世の中に認知されて初めて王道を歩めるのです。私共としては、何時の日か、かつらが大手を振って世の中に認められる日が来るべく、努力は欠かせません。業界を挙げてファッション商品に押し上げて行き、消費者の皆さんに認めていただきたいものです。

 毛髪に関連する企業は日に日に増える現状です。増毛、育毛、かつらから生毛植毛にと、又新しい分野が開けてきました。弊社は永年医療関係者と協力してその悩みを解決して参りました。
 その経験を踏まえ平成15年3月より薬による治療から生毛植毛に至る研究開発を頭髪専門クリニックと協同して進めております。これからの毛髪に関する柱として立派な分野になると思います。

 お客様は毛髪の悩みに対して、幾つかの選択肢がなくては、満足できません。私共は常にかつら造りの研究に励むと共に、あらゆる毛髪再生の研究に目を向けて、お客様と対応していきたいと考えています。


Copyright©  NMK.GR.JP  All rights reserved.