日本毛髪工業協同組合
 
 
 
毛髪業界とは
ガイドライン講座
J・Hair News
協会加盟会社紹介
協会について
協会について - 組織概要
協会について - 理事及び運営委員
協会について - 社員各社
協会について - 賛助会員各社
入会のご案内
相談窓口
社会貢献活動
日本毛髪工業協同組合
医療用ウィッグ『安心安全』マーク MedMigについて
医療用ウィッグ『安心安全』マーク MedMigの導入を考えている企業様
  
   

    


                                J・Hair News VOL.5  /  各社からのメッセージ

                               株式会社バイオテック
                               常務取締役 安住 晴行
 
 早いもので日本毛髪業協会も名称変更を経て発足以来4年目を迎えています。
 発足当初は同じ業界にもかかわらず、初対面の方々ばかりで多少ギクシャクした面があったと記憶していますが、いまでは気軽にお互いの名前を呼び合い”信頼される業界”発展のために意見を出し合って議論ができるようになり、業界団体の協会として立派な活動をしていると認識できるようになりました。これからもバイオテックとして何ができるかを考え実践し、業界発展のために貢献していきたいと考えています。

 さて、今(2月10日時点)でこそあまり取り上げられてはいませんが個人情報保護法が今年4月1日よりいよいよ施行されます。多分、施行日が近づくにつれてテレビや新聞が特集を組んで報道することと思います。
 弊社も個人情報取り扱い事業者として、プライバシーマークを取得しようと同業他社に先駆けて昨年夏以来、個人情報保護法に関する取り組みをしています。この取り組みを推進するためには役員および従業員一人一人の自覚が大切で、定められたルールを守り、個人情報をお客様からお預かりしている大切な財産として認識し、適切に管理・利用しなければならないと実感しています。

とまあ、今でこそ前記のように偉そうに書いていますが、その当時は本屋で立ち読み程度の知識で、何をどうすればよいかまるで理解できず、会社の中で右往左往、掛け声ばかりで何もできずに時間ばかりがただただ過ぎてゆく最悪の時だったというのが正直なところです。そんな折、知り合いの業者から良いコンサルタント会社があると紹介され、最終的にはそのコンサルタント会社に依頼することになりました。が、ここからがまた大変。プレゼンテーション時に「4月1日に何が起こるかわかりますか?」私は「???・・・」「お客様から自分の個人情報を開示するようにとの電話が何十いや何百本と入るかもしれませんよ」私「開示請求???・・・」「その時どうするのですか」矢継ぎ早の質問にも何も答えられずにそのまま終了。早速プライバシーマーク取得のためのプロジェクト(事務局)を立ち上げましたが少数精鋭(?)の弊社にとって専任で事務局員を置くのは難しく、それぞれ兼任でスタート。本来の仕事の傍ら、毎晩夜中の12時近くまでプライバシーマークの申請書作りや、個人情報保護規程、個人情報保護体制、個人情報保護方針、プライバシーポリシー、管理・教育・監査・お客様相談窓口等々コンプライアンスプログラム(社内規定)の作成、責任者の人選や300人あまりの社員に対する教育、社内体制の見直し、もちろん、68店舗の設備レイアウト、顧客情報の保管場所の確認etc・・・そんなこんなの大混乱の中、事務局スタッフの努力の甲斐あって昨年12月にようやく申請書を提出することができました。

申請先に事務局スタッフと申請書を手渡しながら聞いた話では、審査待ちの企業はすでに千件を超えているとか。4月1日から待ったなしで施行される個人情報保護法の対象となる企業の多さに今更ながら驚かされました。某大手広告代理店が取引業者にプライバシーマーク取得を条件に取引の継続を宣言したそうですが、そのせいもあってか11月・12月と申請企業が一気に増えたそうです。

 最後に今回のプライバシーマーク取得に関する取り組みの中で、今までの組織の見直しや作業の効率化、ペーパーレス化など弊社にとって今後取り組んでいくべき課題がさらに明確になり、しかも、従業員一同が「プライバシーマークを取得する」という、ひとつの目標に向かってモチベーションを高め、一人一人が自分で”モノ”を考え、そして、実践してくれていることが何よりの収穫ではないかと思っています。もちろん、今後もコンプライアンスプログラムの見直しや教育・監査など現状に即して改善していかなければなりません。これからもバイオテックに通っていただいている大切なお客様のプライバシーを守り、より信頼していただける「育毛専門サロン」をめざして、従業員一同努力を続けてまいります。


Copyright©  NMK.GR.JP  All rights reserved.