日本毛髪工業協同組合
 
 
 
毛髪業界とは
ガイドライン講座
J・Hair News
協会加盟会社紹介
協会について
協会について - 組織概要
協会について - 理事及び運営委員
協会について - 社員各社
協会について - 賛助会員各社
入会のご案内
相談窓口
社会貢献活動
日本毛髪工業協同組合
医療用ウィッグ『安心安全』マーク MedMigについて
医療用ウィッグ『安心安全』マーク MedMigの導入を考えている企業様
  
   

    


                                J・Hair News VOL.6  /  各社からのメッセージ

                           フォンテーヌ株式会社
                             代表取締役会長 和田雅治
 
 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 弊社は本年創立35周年を迎えます。これもひとえに皆様のご指導ご協力のおかげと、この場を借りまして厚く御礼申し上げます。
  このたび、弊社における企業広報について寄稿するように依頼されましたので、これを期に、私の企業広報観を少し述べさせていただきたいと思います。
企業広報の要は、私どもフォンテーヌの素顔をお客様に知っていただくことと考えます。

  弊社は、この35年、女性のファッションウィッグ商品の開発、販売に努めてまいりましたが、この<ウィッグ>というネーミングが定着してきたのは、ここ数年のことではないかと思われます。
  <かつら>が<ウィッグ>となったことで、女性のファッションアイテムとして捉えられるようになり、これまではウィッグを手に取ることのなかった世代の方々にも浸透していったことはいうまでもありません。

  弊社には、全国各地に約620人ものアドバイザー(販売員)がいます。実際にお客様に接する彼女たちひとりひとりが、フォンテーヌのブランドと商品を広めてくれる広報担当者と考えており、その販売員と本社を結ぶ掛け橋としての社内報にも注力しております。
  弊社の社内報「いずみ」は、単なる上位下達の伝達道具ではなく、社内のコミュニケーションツールとして機能するものと自負しております。
  社内報を通して、良い情報も悪い情報もすべて開示することで、社員の信頼を深めることができ、また、現場の声を拾い、耳を傾けることで、現場の抱えている問題を全社員の共通認識とします。

  先ほど、販売員おひとりひとりが広報担当者と申しましたが、だからこそ、お客様と良い関係を築くことのできる販売員の更なる質の向上が重要です。
  そこで、弊社では、昨年より販売員を対象に「私!向上委員会」という社員研修を行ない、販売員の質の向上に努めております。
  どんな広告よりもパワーのある広告はクチコミです。クチコミに勝る広告はありません。 そういう観点からも、お客様にご満足いただく接客こそが、最大の広報活動なのです。

  昨年、弊社はインターネット時代を反映し、ホームページを刷新いたしました。これにより、弊社のビジョンやコンセプトを迅速に発信することが可能となりました。商品情報の提供や、店舗案内など、個人に向けての広報活動も行いやすくなり、お客様との親密さが増したという手応えを感じております。企業広報活動の最終目的は、顧客満足だと考えます。弊社商品を購入いただくお客様全員に笑顔を創造できる会社となるように、全社員一丸となって精進していく所存です。


Copyright©  NMK.GR.JP  All rights reserved.