日本毛髪工業協同組合
 
 
 
毛髪業界とは
ガイドライン講座
J・Hair News
協会加盟会社紹介
協会について
協会について - 組織概要
協会について - 理事及び運営委員
協会について - 社員各社
協会について - 賛助会員各社
入会のご案内
相談窓口
社会貢献活動
日本毛髪工業協同組合
医療用ウィッグ『安心安全』マーク MedMigについて
医療用ウィッグ『安心安全』マーク MedMigの導入を考えている企業様

   
  1. 目的・方針
  2. 用語の定義
  3. 取扱ルール
  4. 安全管理ルール
  5. 従業員に関するルール
  6. 委託先に関するルール
  7. 取扱・利用・提供ルール
  8. 開示・訂正・削除及び利用停止に関するルール
  9. 危機管理に関するルール
  10. 苦情の処理
5.従業員に関するルール
  個人情報取扱事業者は、その従業者に個人データを取り扱わせるに当たっては、当該個人データの安全管理が図れるよう、当該従業者に対する必要かつ適切な監督を行わなければならない(21)

()  教育研修制度の整備と実施
  @ 教育研修制度の整備

      a    個人情報保護管理責任者は、教育・研修責任者を1名指名す
            る。(小規模の個人情報取扱事業者においては、個人情報保
            護管理責任者が教育・研修責任者を兼任することもできる。)
      b   教育・研修責任者は、個人情報の安全管理に関する従業者を
            対象とした教育・研修の実施に必要なプログラム及びカリキュラ
            ムを作成する。
  A 教育研修の実施
      a    教育・研修責任者は、定期的に個人情報の安全管理に関する
            教育・研修を実施する。
      b   教育・研修責任者は、必要に応じて、外部委託先に対しても契
            約等に定めた上で随時教育・研修を実施する。
      c   教育・研修の対象者は、従業員のみならず、自社の業務を行う
            派遣・パート、アルバイトを含む全ての従業者とする。

() 雇用契約における安全管理措置
  @  社内規程の整備
        個人情報保護管理責任者は、就業規則等における個人情報の取
        扱に関する管理手続、秘密保持、漏えいに対する処置等の規程を
        立案する。
  A 個人情報の管理及び秘密保持に関する誓約書
      a   代表者又は個人情報保護管理責任者は、就任、着任、採用時
            に、個人情報の取扱に係る従業員、パート、アルバイト等(以下
           「従業員等」とする。)から個人情報の安全管理及び秘密保持に
            関する誓約書(以下「誓約書」という。)を取得する。(雇用契約書
            に定めてもよい。)
      b    派遣社員については、個人から誓約書を取得すると共に、委託
            業務の内容に応じた秘密保持義務及び責任を派遣の契約に定
            めておく。
      c   誓約書、契約書には、取り扱う個人情報の範囲をできるだけ明
            確に記載し、個人情報の範囲を変更する場合には、書面により
            追加するか、又は新たに誓約書を取得する。
      d   誓約書若しくは雇用契約書に定めた個人情報の秘密保持に関
            する条項は、従業員等が退職後、派遣社員が派遣終了後も有
            効とし、秘密を開示してはならないものと定める。

() 事故・違反者への対処
  @ 懲戒手続、損害賠償の規程の整備
        就業規則等社内規程に個人情報の保護義務、秘密保持義務を明
        記し、個人情報や秘密を漏えい、流出、不正利用を行った場合の
        懲戒手続、損害賠償等の規程を設ける。
  A 関係者への連絡
        個人情報に関する事故、違反等の存在が明らかになった場合に
        は、危機管理ルールに従い、関係者に事情聴取を行い、原因を追
        究し、関係者に対し適切な連絡を行うよう努める。

>> ページTOP


Copyright©  NMK.GR.JP  All rights reserved.